慮 OMONPAKARI

”Hinataboccoの畑事業を通して自分も、他人(ヒト)も大切にしてほしい”

慮に込めた想い

私たちに共感して栽培に関わってくれる人は、自然と向き合うことで自分や地球のことを栽培を通して
食べてくれる人のことを想っているはずです。

そして、その作物を食べてくれる人は自分や大切な人の身体のことに思い巡らせて自分のことを
大切にしてほしいという想いを込めました。

Hinatabocco Hatake

もともと何十年もの間、人に見捨てられ雑草が生え石がごろごろ落ちている荒地でした。
一度は見放された土地から畑として再起するという、長年に渡って栽培をしている畑ではなく
ゼロから創り出していく畑になります。

Hinataboccoの畑だからできること

・地方創生を通してゼロからの畑つくりに携われる
・10年放置されていた土地(遊休農地)の再生
・日当たりがよく晴れの日が多い天候を活かした試験栽培が可能
・土壌の性質調査から携われる

野菜栽培も鶏飼育も庭づくりも

野菜栽培:現在はコマツナ、サンチュ、サラダほうれん草、
     レインボーラディッシュ、カブの栽培に成功しています。
  鶏 :自給自足を実現します。
  庭 :季節を感じられるお花や木を植え、世界に日本の四季を発信していきます。

具体的に何をするか

・畑のどこに何を植えるかのプランニング
・作付面積、栽培量、栽培スケジュール作成
・作付図の制作

誰に向けて(誰のための)畑づくりをしていくか

①ボランティアの方々
②移住者…シェアハウスの住人、田舎暮らししたいひと、農ある暮らしをしたいひと
→上記を踏まえてのプランニングになります。

Hinataboccoでは
不特定多数の消費者に選んでもらう農業ではなく、畑を使うひととの距離が近く
実際に使ってくれるターゲットに向けた畑づくりになります。

JOIN US


ボランティアスタッフの募集

Hinatabocco 田舎暮らしを体験しながら、下記の業務を得意な分野で担当していただきます。
自分の得意を発揮できるのはもちろん、活動を通してさらなるスキルアップもできる環境で、一緒に地域活性化のために活動してくれるキャストさんを募集しています。

Hinatabocco While experiencing country life, you will be in charge of the following tasks in your specialty.
We are looking for a cast who will work together to revitalize the region in an environment where you can not only demonstrate your strengths
but also improve your skills through activities.